先物取引についてわかりやすく解説

会社概要お問い合わせ相互リンクについて

先物取引@初心者 > 特集2 日経225特集

特集2 日経225特集

「日経225先物」「日経225mini」とは?

日経225先物

個別銘柄のかわりに、「日経平均株価(日経225)」を売買するのでわかりやすい!

「日経225先物」は、日経平均株価(日経225)を対象とした株価指数先物取引です。つまり、金・とうもろこしなどの個別銘柄のかわりに、株価指数を先物として売買するということです。

「株式投資とどこが違うの?」と思われる方が多いと思いますが、先物取引ならではのメリットがあるんです!

1.倒産や上場廃止のリスクがない

株式の場合、その企業の業績悪化に伴う倒産や上場廃止で損失を出す危険性があります。

 

日経225先物は「日経平均株価(日経225)」という指数全体に投資をするので、倒産・上場廃止のリスクがなく安心です。

2.銘柄選びが不要

株式の場合、約4000もの上場企業の中から業務内容、業績、株価の動きなどを分析して、銘柄選びをしなくてはなりません。

 

日経225先物はニュースや新聞で毎日目にする「日経平均株価(日経225)」の動向だけ見ればよいので、とてもシンプルでわかりやすくなっています。

3.小額資金で大きな投資ができる

日経225先物は「レバレッジ(てこの原理)」を使った取引なので、元手資金(証拠金)が少なくても大きな取引をすることができます。日経225先物ではレバレッジが1000倍なので、日経平均株価が10円上がれば、1万円の利益が出ることになります。

 

ただし10円下がった場合には1万円の損失が出ることになるので、十分な注意が必要です。

4.「金利」や「貸株料」が不要

株式でも「信用取引」ならレバレッジを使った取引ができるのですが、「金利」や「貸株料」という料金が別途かかります。

 

日経225先物であれば、元手となる「証拠金」以外の費用は必要ありません。

5.相場が下落しても利益が上げられる

先物取引の特徴として、将来値段が下がると思ったときに売っておいて、決められた期日に買うという取引をすることができます。

 

この「売り」取引は株式にはありません。ですので先物取引の場合は、相場が下落傾向でも利益を出せる可能性があります。

先物取引では決済の日である「期日(満期日)」が決められているのも特徴です。取引最終日は期日の前日となり、期日には最終決済のみ行なわれます。取引最終日までに反対売買で決済をしないと、期日にSQ値(期日の決済に用いられる最終清算数値)で自動的に決済が行われ、損益が確定してしまいます。

これを「限月取引」といいます。「限月」とは、先物取引の最終決済月のことです。日経225先物・日経225miniの場合、3月・6月・9月・12月の4種類の限月があり、例えば限月が6月の先物は「6月限(6月ぎり)」と呼びます。

それぞれの月の第2金曜日が最終決済期日になります。
日経225先物取引の各限月の取引期間は1年3ヶ月で、常に5つの限月が並行して取引されています(5限月制)。

日経225mini

日経225先物のミニサイズ版!小額から取引できて、個人でも参加しやすい

大阪証券取引所が2006年から始めた新しい株価指数先物取引。日経225先物取引の取引単位・証拠金を10分の1にし、個人投資家が気軽に参加できるようになりました。
日経225miniでも、日経225先物取引と同じく3月・6月・9月・12月の4種類の限月がありますが、各限月の取引期間は6ヶ月、常に取引されるのは期日の近い順で、2つの限月となります(2限月制)。
取引単位は、日経平均株価(日経225)の100倍を1単位として取引します。これは日経225先物の10分の1です。
また注文の際の値段の刻みは、5円刻みとなります。日経225先物は10円刻みなので、よりきめ細かい取引ができます。

日経225先物と日経225miniの比較


商品 日経225先物 日経225mini
取引単位 日経平均株価の1000倍 日経平均株価の100倍
呼値の単位(値段の刻み) 10円(=1万円) 5円(=500円)
限月の数 5限月 2限月
取引時間 前場:9時〜11時、後場:12時30分〜15時10分
(半休日:9時〜11時10分)
イブニング・セッション:16時30分〜20時

金取引におすすめの証券会社はここ!

安心上場企業のエース交易!!操作性で選ぶならエース交易がおすすめ。

エース交易

TOPページへ