はじめてのテクニカル分析 - 先物取引@初心者

会社概要お問い合わせ相互リンクについて

先物取引@初心者 > はじめてのテクニカル分析

初心者におすすめ!先物業者TOP3>>詳細はこちら>> 初心者におすすめの業者


はじめてのテクニカル分析


テクニカル分析とは

資金を運用する投資の世界では、「相場分析」というものがあります。相場分析とは、将来の価格を予測するもので、この分析なしに取引している人はまずいません。そのくらいにトレーダーの間では常識的なものとなっています。

相場分析には、基本的に二つの方法があります。一つはテクニカル分析であり、もう一つはファンダメンタル分析です。

テクニカル分析とは、市場における実際の価格や出来高などをもとに数学的・統計的に分析する手法の分析です。チャートを用いることからチャート分析ということもあります。分析手法に対する知識も必要ですが、基本的なものであれば簡単にできるので初心者の方も普通に使っています。値動きを中心に見ていくので短期の投資に向いているとされています。

ファンダメンタル分析とは、先物市場でいえば商品の需給関係など、「基礎的事項(fundamental)」を確認し、将来の価格を予測していくものです。

TOPページへ

テクニカル分析の基礎

実際にテクニカル分析をしていく上で重要なことは、使用する指標の特徴をよく把握しておくことです。

テクニカル分析で用いられる「テクニカル指標」にはたくさんの種類があります。有名なものからマイナーなものまで数えきれないほどの種類がありますし、既存のものを組み合わせたり未知のものを開発したりで、誰かが新しい指標を作り出すこともあります。全ての指標を把握することは不可能ですが、使用するかしないかに関わらず、基礎的なものをいくつか勉強することによってテクニカル分析の考え方を体得することができるかもしれません。これから取引を続けるにあたって、必ず役立ってくることなのでしっかりと見ていきましょう。

テクニカル分析のもととなるデータとしては、主に価格・時間・出来高となっています。これらの数値データをそれぞれの計算式に従って換算し、指標としていきます。ただし、指標化されたチャートの判断は投資家によって多種多様であり、また、どのような分析も完璧に将来の株価を予測できるものではないので、信用しすぎるのも問題といえるかもしれません。

TOPページへ

トレンド系・オシレーター系

主に価格・時間・出来高などから将来の価格を予測するテクニカル分析は、売買タイミングを測るのに適しているとされ、これまでにさまざまな指標が考案されてきました。テクニカル分析は大きく分けて2種類に分類することができます。

一つは、「トレンド系」と呼ばれるもので、テクニカル分析の中でも比較的大きな流れを確認していくものです。基本的には市場価格が上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのかを判断していきます。価格が上昇傾向にあると、そのこと自体を材料に価格のさらなる上昇をもたらすことがあります。そのような「上昇/下降トレンド」を判断するのに使用します。

もう一つは、「オシレーター系」の分析です。主に、買われすぎや売られすぎなどの需給傾向をみるもので、短期の値動きをとらえ、その反発のタイミングを捉えるために利用されます。市場では一時的に大きな変動が生じた場合に、売られすぎ買われすぎの状況にたいして、修正する動きが見られることがあります。このような市場の心理をうまく利用するのがオシレーター系チャートです。

要するに、トレンドに乗る「順張り」か、反発を捉える「逆張り」かの違いです。両者が矛盾しているように見えますが、つまりは使用するタイミングが違うということであり、その判断が重要になってきます。

TOPページへ

ローソク足の見方

銘柄の取引価格の推移を表すチャートは、普通はローソク足で示されます。

ローソク足は、銘柄価格の「始値」「終値」「高値」「安値」をもとに描画されています。それぞれは、期間中の開始価格、終了価格、最高価格、最安価格を表しています。ローソク足には対象期間の違いで、いくつかに別れます。分単位の「分足」、一日単位の「日足」、一週間単位の「週足」、一ヶ月単位の「月足」などです。大まかな動きの確認であれば、期間がより長いものを、細かな値動きを確認したければより短いものを選びます。

白く描かれているのは「陽線」です。始値よりも終値が高かったことを表しています。黒ければ「陰線」です。これは陽線の真逆で、終値が始値よりも安かったときに現れます。上下にはみ出している線は「ヒゲ」といって高値と安値を表しています。始値か終値が、高値または安値であった場合はヒゲは出てきません。

このローソク足チャートに、出来高の推移を示すグラフを付加したものが最もよく見る典型的なチャートになります。

TOPページへ

ローソク足のパターン講座

ローソク足はもっとも広く用いられているチャートです。「始値」「終値」「高値」「安値」をもとに描かれた一種の図形であり、その現れ方からさまざまな市場の思惑を読み取ってテクニカル指標のように用いられることもあります。最も基本的な相場分析といえるでしょう。

細かな数値を使うことはなく、図形の出方、パターンによって価格を占います。大きな陽線、「大陽線」が出たときはその期間に大きな価格上昇があったことを示しているので、強気です。逆に大きな陰線、「大陰線」があった場合は弱気です。このようにトレンドを判断する指標にも用いられますが、オシレーター系のような逆張り指標としても使われます。たとえば、上昇トレンドにあるときに、大陰線がでたり長い上ヒゲ(トンカチ)が出るとトレンドの転換点を示唆していると考えます。逆に下降トレンド中の大陽線や長い下ヒゲ(カラカサ)は上昇トレンドへの転換を示している可能性があります。

他にもローソク足だけで、さまざまなパターンが知られています。

TOPページへ

出来高について

ローソク足とともに最も目にすることの多いのが出来高のチャートです。最も一般的なチャートは二つが同時に表示されているもので、これを見ていないトレーダーはほとんどいないといえるでしょう。

出来高は、ほかのテクニカル分析するときの数値データとして用いられることもありますが、それ自体でも市場の思惑を読み取るのに利用されています。

出来高が極端に増えたときというのは、大きな材料があり銘柄が人気化している可能性が高いです。こういうときは値動きが荒くなり大きな変動が起きやすいので注意してください。大きな上昇、大きな下降があるときには出来高が上昇します。が、事前に察知するのはなかなか困難といえるでしょう。

出来高が少ないということは、銘柄が不人気化しているということです。理由はさまざまですが、売りと買いが少ないときは、値がすぐに動いてしまうので大量の売買には向かず、また大量の売買がもしあった場合には価格が大きく変動してしまいやすいと言うことができます。

このように出来高が極端に増えている状況や逆に極端に減っているときは、参入リスクが高いといえるでしょう。

TOPページへ

次のページ>> テクニカル分析講座(トレンド系)